脱毛熊本 マナー

脱毛エステに通う時は、色々マナーというものがあるものです。
特に初めてエステの世界に飛び込む方は、これを機に知っておきましょう。
でないと楽しいはずの脱毛が散々な目に会うこともあります。
熊本独自のルールもありますのでチェックです。

マナー【チェック項目其の一】施術前に自己処理しておこう

光脱毛の場合、施術前に毛を1ミリ〜2ミリくらいに調整しておく

光は毛の黒い色に反応して毛に熱を送り込みます。
その熱が毛根へ達し脱毛となるのですが、前日にカミソリで剃ったりツィザーで抜いたりすると、対象の黒い毛がなくることになるので施術ができません。
また、伸ばし過ぎてもいけません。
黒い毛に反応はするのですが、毛根まで熱が達しないのです。
最悪、伸ばしておいたほうがマシ
熊本では、事前しておくべき自己処理を現場でやってくれる脱毛エステが増えています。
なので伸ばしておくぶんはいいのですが、剃ったり抜くのはNGですので注意しましょう。

 

電気脱毛の場合、1ミリ〜3ミリくらいに調整しておく

美容電気脱毛は、最悪毛を剃っていても伸ばしていても施術は可能です。
ただ、めっぽう施術がしにくいのでマナーとしては1ミリ〜3ミリにしておくことをおすすめします。

マナー【チェック項目其の二】挨拶をするようにしよう

挨拶に限ったことではないのですが、脱毛エステでカウンセリングを行ってくれる担当者や、施術を行ってくれるエステティシャンの方に、ハキハキした口調で丁寧に話すことは大事です。
脱毛行為は人間が行い人間が受けるものですので、人間味をアピールすことも大事だと思うのです。
特に熊本は古い伝統を重んじる人が多いので、挨拶ひとつで与える印象がガラッと変わります。
良い印象を与えて優位に脱毛を行うことを覚えておいても損はないかと思います。

マナー【チェック項目其の三】前日はお風呂に入っておきましょう

マナーをよくすると、相手をいい気持ちにさせ、物事が潤滑に運んでいく面があります。
しかし、同時に不快にさせては意味がありません。
エステティシャンから耳にするのは、お客が不快だと思う瞬間は、クサイ臭いを発した時だと言います。
夏場なのに、前日お風呂に入らずに施術をしに来るお客がいるというのです。
これによりエステティシャンのモチベーションはガタ落ちするそうです。
これから脱毛して美しい女性になってほしいと思う一方、この人は本当に美しくなりたいのか?と疑問に思うそうです。
一応プロなので、処理の質が下がることはないようですが、プラン以外のお得なサービスを奨めないとのことでした。

 

やはり、マナーというのは大事ですね。
エステティシャンの心象ひとつで脱毛結果が変わることを意識しなければなりません。